ATP

Available to Promise納期回答。SCMに関連する用語として使われることが多い。需要の時間的変動が大きい業態(食品、日用品、化粧品など) では、製品の需給バランスの見積りを誤ると、販売機会を失い収益が低下するだけでなく、輸送コストの増大、マーケットシェア、顧客サービスの低下等を引き 起こすため、そうした環境下にある企業で最も期待されているSCM強化策が「需要予測システム」の導入である。

Posted in .